注文住宅による家づくり大百科!家を建てる人のためのサイトHOME > 建てたから分かった!管理人ユミがぶっちゃける “注文住宅のお金事情”

注文住宅のお金事情を徹底研究

管理人ユミがぶっちゃける “注文住宅のお金事情”

ゼロから全てを自分たちで作り上げて行く注文住宅。思いのままの間取りや設備を手に入れるには勿論お金が関わって来る。どのようにして資金内で収まるように調整していくのか?どこで節約できるのか?思わぬところにかかるお金…。実体験をもとにまとめました!

注文住宅にかかる費用の種類と資金繰りについて

その1 賢く資金繰りしよう!注文住宅を建てるときに知っておきたい費用のハナシ

建売り住宅やマンションを購入する時と、注文住宅を建てる時。どこに費用の差がでるの?また家を建てるにあたって「家(本体)」以外にもお金が必要。一体何にどれくらいお金が必要なの?自分たちがどれ位の価格の家を建てる事が可能か、まず知ることが大切。

注文住宅を建てる費用相場について

その2 一体何にいくらかかる?注文住宅を建てるのにかかる費用の相場とは?

注文住宅を建てるにあたって必要なお金は、坪数やどこに建築を依頼するか(設計事務所、ハウスメーカー、工務店)によって大きく変わってきます。また、土地に手直しが必要なのか?上物が土地にのっているのか?などでも金額が大きく変わってしまいます。

注文住宅をローコストで建てるコツ

その3 注文住宅をローコストで建てるワザ!

都市部に限る話かもしれませんが、注文住宅を建てると「凄いね!」「うちには無理だわ(高い)」とよく言われます。確かに注文住宅は建売りと比べると割高です。ですが、実は思われている以上に安くすませる事も可能なのです。(管理人も実感)

費用のシミュレーションから導く、買える注文住宅の価格

その9

注文住宅の購入を考える際には、費用をシミュレーションすることがポイント。総費用によっては、当初予定していたプランの変更が必要になります。そうなると時間が余計にかかってしまうので、しっかりシミュレーションすることが大切です。インテリアや間取りだけではなく、費用面でも理想の家を建てましょう。

費用別注文住宅の実例紹介

その10

理想の家を建てたいのなら、予算に合わせて計画する必要があります。どのような注文住宅であれば、どれぐらいの費用がかかるのか予想つかない方もいるのでは?予算オーバーしては元もこもないので、注文住宅の費用の実例を参考にして、理想の家を建てましょう。

注文住宅だからできる、人気のオプションの費用

その11

理想の家に近づけるためには、どのようなオプションをどれだけつけるかがポイント。どのようなオプションであれば、どのぐらいの費用がかかるのかチェックしておきましょう。予算に合わせ、うまくバランスをとってオプションを選択することをおすすめします。

注文住宅の外構にかかる費用相場について

その12

門やカーポート、塀などの外構は、家の見栄えに関わるところなので、できるだけ理想通りに作りたいという方が多いのでは?注文住宅だからこそ外構にこだわりたいところですよね。どのような工事であれば、どのぐらいの費用がかかるのか確認して、自分の理想通りの家を建てましょう。

注文住宅で屋上を設置する際の費用について解説

その13

家庭菜園やバーベキューなど、自宅での楽しみがぐんと増える屋上利用。新築の家に屋上をつける場合には、どのくらい費用がかかるのでしょうか?ここでは屋上をつけることで主にかかる費用や、屋上をつけるときの費用を左右するポイントを合わせてご紹介します。

注文住宅で防音室を設置する際の費用について解説

その14

ご近所とのトラブルになる原因は騒音だと言われています。そのため、注文住宅を頼むのなら、できれば作りたいと思ってる人が多いのが防音室。かなりの出費になると言われていますが、どうにかリーズナブルに作りたいと思い、方法を模索してみました。

注文住宅に地下室を作るときの費用のハナシ

その15

注文住宅に地下室を設置するメリットはたくさんあります。狭い土地でも部屋数を増やせますし、音漏れしにくいのでプライベートが充実します。もちろん地下室を作るのにはそれなりに費用がかかりますが、メリットを踏まえて地下室を作るか判断するのが良いです。

注文住宅を建てるときの照明とその費用とは?

その16

注文住宅を建てるとき、照明の選び方と配置によって費用に大きな差が出ることがあります。

照明の何が費用を左右するのか、見積もりにはどこまで含まれているのか、コストダウンの方法はあるのかなど、注文住宅と照明の関係について基本的な事柄を知っておく必要があるでしょう。

注文住宅のバルコニー費用の相場について

その17

注文住宅を建てる際に、セットで工事がされることの多いバルコニー。せっかくのマイホームですので、なるべく使い勝手がよく、ゆったりとしたスペースのバルコニーに憧れますよね。

しかし、気になるのはバルコニーの費用です! バルコニー費用の相場はもちろん、バルコニーのメリットやデメリットも知っておくことが大切です。

注文住宅を建てる費用相場について

18
注文住宅で吹き抜けをつける場合の費用の相場とは?

せっかく注文住宅を建てるなら、天井の高い吹き抜けのある空間を作りたいと思う方は非常に多いです。しかし、吹き抜けを作るためには、いったいどれくらいの費用がかかるのでしょうか?

吹き抜けの工事は、シンプルなものから大掛かりな工事が必要なものまで多種多様です。

注文住宅を建てる費用相場について

19
注文住宅を建てるときにかかる費用はどんなものがあるの?

注文住宅を建てる時に「予算は○○万円!」と、ざっくりとした予算案を考える人は非常に多いです。しかし、決して安い買い物ではありませんので、予算の上限を決め、注文住宅を建てる上でかかる土地代、建築費、登記手数料などの諸費用の内訳を知ることは非常に大切です。

吹き抜けの工事は、シンプルなものから大掛かりな工事が必要なものまで多種多様です。

注文住宅を建てる費用相場について

20
注文住宅の設計費用の相場とは

人生に1回の大きな買い物だからこそ、注文住宅の建築に失敗したくないと考えている方は多いはずです。しかし、こだわりの注文住宅を設計する場合の費用はどれくらいかかるのでしょうか?

大手ハウスメーカーやデザイン工務店、建築事務所など、依頼先によって設計費用も大きく異なってきます。注文住宅を建てる前の下準備として、設計にかかる費用をきちんと押さえましょう。

注文住宅において建築家にかかる費用相場について

21
注文住宅で建築家にかかる費用相場とは?

注文住宅を建てる際に、ハウスメーカーや工務店ではなく建築家にお願いしたいと考えている方も多いと思います。しかし、建築家に依頼する場合「高くなりそう!」と不安に思っていませんか?

注文住宅を建てる際、建築家に依頼すると本当に総費用は高くなってしまうのか、事前にしっかりリサーチしましょう。

注文住宅のロフトの費用相場について

22
注文住宅でロフトを設置する場合の費用相場

子供がいる家庭の場合、子供部屋にロフトを作りたいと考える親御さんも少なくありません。アパートでは一般的なロフトですが、実は注文住宅にもロフトを作ることは可能です。

まずは、ロフトを作る際の費用や注意点を理解しましょう。素敵なロフトを作ることができれば、子供も喜ぶこと間違いなしです!

注文住宅で庭を建てる際の費用相場について

23
注文住宅で庭を建てる際の費用相場について

注文住宅を建てる魅力の1つと言えば、自分の庭を持てることでは無いでしょうか?シンプルな庭から、手の込んだ日本庭園まで庭にかかる費用はさまざまです。最近ではDIYで庭づくりを楽しむ方も多いですね。タイプ別に庭にかかる費用を理解し、理想の庭を手に入れましょう。

注文住宅の設備にかかる費用はどのくらい?

24
注文住宅の設備にかかる費用はどのくらい?

1年半以上もの長きにわたって注文住宅・設備会社を探し歩いてきた管理人です。このたび、めでたく良い注文住宅の会社を決定することができました! これまで検討してきた注文住宅の会社や設備会社の中から、管理人目線で「ここはよかった!」と思った点をランキング形式でまとめてみました。これから家を建てる方は、ぜひ参考にしてください♪

住宅はメンテナンスが命!注文住宅にかかるメンテナンス費用はどのくらい?

25
住宅はメンテナンスが命!注文住宅にかかるメンテナンス費用はどのくらい?

1年半以上もの長きにわたって注文住宅会社・メンテナンス会社を探してきた管理人です。このたび、めでたく素晴らしい注文住宅会社を見つけることができました!これまで、さまざまな会社を探している中で「ここはよかった!」と管理人目線で感じた会社をランキング形式でまとめてみました。

注文住宅を建てるのに必要な図面の費用は?

26
注文住宅を建てるのに必要な図面の費用は?

図面とは住宅を建てる前の段階ですので、設計者に対して自分の意見を主張した上でお金との兼ね合いになるでしょう。費用も各企業によってまちまちかと思いますので、より安く図面に起こしてくれる企業を選択することが非常に重要になってきます。また、今は家を建てるハウスメーカーが指定された物件もあるので、確認のうえ、自分の描いていた理想の家を目指しましょう。

注文住宅においてビルトインガレージを設置する際にかかる費用について

27
注文住宅においてビルトインガレージを設置する際にかかる費用について

ビルトインガレージについては、一応車庫という扱いになります。家に対して1階分を使用することになると思いますが、その部分に余計な住宅設備を設置しなければ、意外に安く設置することが可能と思われます。もちろん、メリット・デメリットはあるかと思いますが、屋内ですので屋外に置いておくよりは車にも優しいでしょう。各企業によっても費用は変わってきますので、打ち合わせの際に確認したうえ、さまざまな企業を比較することをおすすめします。