信頼できるハウスメーカーを見極めるコツ

満足できる住宅を建築するためには、自分の要望をしっかりと実現してくれる信頼できるハウスメーカーを見つけることが大切です。ここでは、理想的な受託メーカーの選び方についてまとめました。

良いハウスメーカー・住宅メーカーに出合う方法

住宅に求める条件を洗い出す

ハウスメーカーを探す前提として、まず、なぜ住宅を購入したいのか、どのような住宅に仕上げたいのかなど、住宅に対して求める条件を細かく明確にしておく必要があります。譲れない点や妥協できる点など、項目ごとに強弱を付けて要望をまとめる必要もあります。なお、家族それぞれの要望が食い違う場合、ハウスメーカーとの話も進まないことがあるので、家族全員の意見を一致させておくようにしましょう。

ハウスメーカーの特色を調べ、要望とマッチするか調べる

自分の理想の家を作ってくれるハウスメーカーと出会うためには、ある程度の手間を惜しんではなりません。「なんとなく有名な会社だから」「テレビCMで知っている会社だから」「近所だから」など、曖昧な基準でハウスメーカーを選ばず、住宅雑誌などをしっかりと読み込んで比較検討するようにするべきでしょう。また、要望とマッチする家に仕上がるかどうかを事前にチェックするため、各ハウスメーカーのカタログを通じてデザインテイストを知っておくと良いでしょう。

良いハウスメーカーの条件

住宅に求める条件を洗い出す

ハウスメーカーを探す前提として、まず、なぜ住宅を購入したいのか、どのような住宅に仕上げたいのかなど、住宅に対して求める条件を細かく明確にしておく必要があります。譲れない点や妥協できる点など、項目ごとに強弱を付けて要望をまとめる必要もあります。なお、家族それぞれの要望が食い違う場合、ハウスメーカーとの話も進まないことがあるので、家族全員の意見を一致させておくようにしましょう。

営業マン・担当者の対応や知識

営業マンは会社の鏡です。営業マンの対応を見れば、そのハウスメーカーが信頼できるかどうか、概ね見当がつくでしょう。信頼できるハウスメーカーの営業マンには、最低でも次のような要素があります。

  • 宅建士の資格を持っている
  • ・報告・連絡がまめ
  • トラブルの時には言い訳をしない
  • 細かい約束も必ず守る
  • 打ち合わせ中にメモを取る

信頼性・実績

ハウスメーカーの信頼性をチェックするための判断基準として、過去の着工件数や販売戸数、売上、従業員数など、会社としての体力を確認しておくことも有効です。過去の顧客の満足度が高ければ高いほど、往々にして、これら体力を示す数字は良好になるものです。

品質・デザイン

ハウスメーカーを選ぶ際には、自分が満足できる品質とデザインを両立する会社かどうかを確認しましょう。品質、またはデザインのどちらかに偏っている会社は避けるべきです。建築家によるデザイン性の高さを重視するあまり、工務店側としては品質を下げざるを得ないといった例も見られるようです。

アフターフォロー・保証期間

ハウスメーカー選びの大事な比較基準として、保証期間、住宅の耐久性、点検などのアフターフォロー制度も大事なポイントです。特に保証期間の定めについては、メーカーごとに大きく内容が異なるのでしっかりとチェックを。また、工事中に業者が倒産した場合に最小限の追加負担で工事を継続してくれる「完成保証」についてもチェックしておいたほうが良いでしょう。