住宅購入・家づくりの流れについて

住宅購入を検討中の方へ、ここでは家づくりの流れを解説します。理想の住まいを手に入れるためには、やるべきことがたくさんあります。事前に大まかな流れを知っておきましょう。

注文住宅or建て売り 物件の種類を検討する

住宅を購入する方法には、購入した土地に家を建てる注文住宅と、すでに作られた家を土地付きで購入する建売住宅の2つのパターンがあります。

注文住宅のメリットは、ライフスタイルに合わせた間取りや広さを確保しやすいこと。建売住宅のメリットは、各種手続きが簡単で、かつ資金計画が立てやすいこと。各世帯の予算や希望に合わせ、不動産会社のアドバイスも参考にしつつ、どちらのパターンで住宅を購入するかを検討しましょう。

注文住宅の家づくりの流れ

ここでは、注文住宅で家を建てた場合の流れをご説明します。おもな流れは、以下の通りになります。

予算を決める

家作りに総額いくらまでの資金を投入できるか検討します。生涯設計を見据えたうえで、場合によってはファイナンシャルプランナーの助言も借りつつ考えるようにしましょう。

注文住宅の費用相場を詳しく見る

現地調査〜土地・敷地を決める

土地の広さ、形状、周辺環境、法令上の建築条件等を確認します。

住宅会社を選ぶ

住宅会社を選びます。一生に何度もない住宅購入なので、複数の住宅会社を比較して信頼できるところを選びましょう。

建物のプランを決める

候補となる住宅会社を選定したら、建物のプランや概算見積もりを依頼します。複数の会社に申し込み、プランをしっかりと比較しましょう。

設計申し込み仮契約

納得できるプランを示してきた住宅会社があれば、本格的にプランを打ち合わせする「設計申し込み」を行ないます。この申し込みは、仮契約と呼ばれることもあります。

融資事前申し込み

建築確認申請書などの書類をそろえ、金融機関に融資事前申し込みを行ないます。

地盤調査

土地の地質や強度を地盤調査会社が調査します。調査結果によっては地盤補強工事が必要となる場合もあります。

建築プラン最終図面の決定と本契約

最終的な建築プランを確認のうえ、住宅会社と本契約を結びます。この時点では、建築に関わる一切の疑問点を残さないようにしましょう。

住宅ローンの申し込み

金融機関に住宅ローンの本申し込みをします。

建築確認申請

図面やその他の書類をそろえ、住宅会社が自治体へ建築確認申請を行ないます。建築基準法などに適合しているかどうかを、各市町村に判定してもらうための申請です。

地鎮祭・着工

工事の安全を祈念して地鎮祭を行ない、建築に着工します。現場が更地でない場合には、先に解体工事から行なうことになります。

棟上げ式

柱や棟、梁などの基礎部分が完成した時点で、工事や建物の無事を祈念して棟上げ式が行われます。

検査

工事の途中で、建築確認申請に基づく公的な検査を受けることになります。

引き渡し・ローン実行・登記

工事が終了したら、物件の引き渡し、金融機関からの住宅ローンの実行、司法書士による登記手続きが行われます。

アフターフォロー保証・定期点検

入居後は、住宅会社との契約に基づき、定期点検等の保証が継続します。