注文住宅を建てる際の照明の費用について

注文住宅は総額が大きいため、個別の照明の金額を小さく感じてしまう方が多いかも。そんな方のために、注文住宅で使用する照明の費用について説明します。

まずは注文住宅に取り付ける照明を把握する

注文住宅に取り付ける照明には、大きく2つ考えるべき点があります。

  • その1.どこに取り付けるか
  • その2.オプション照明器具をどうするか

ただ、その前にひとつ注意しておきたいことがあります。それは、注文住宅を建てるときの「照明工事費用」の定義についてです。ハウスメーカーや工務店、または人によって意味合いが異なることがあります。

  • ・照明に関する配線工事と照明器具設置工事
  • ・照明器具設置工事
  • ・特定箇所の照明に関する配線工事と照明器具設置工事

などのように、どこまでを含むかに絶対的な決まりはないようです。たとえば、配線工事は電気工事に組み込まれていることがあります。また、照明器具そのものを含む場合と含まない場合とがあるようです。

そのため、見積もりを見るときは、どこまでが入った金額かをよく確認する必要があるでしょう。

注文住宅の照明と配線工事

さて、照明をどこに取り付けるかについては、ハウスメーカーや工務店との打ち合わせで決定し、設計図面にも入るものです。そして、照明を設置するための配線工事が完了してしまえば、その場所に取り付けるしかなくなります。

露出している照明器具については、後で場所を変えられると考える方もいるようですが、その場合は配線をやり直すなどの面倒と費用がかかります。そればかりか、住宅の構造によっては、後からの配線隠蔽が困難なケースもあります。そして、電灯線の露出配線は見栄えの点が最大の問題です。このような点から、注文住宅で照明をどこに取り付けるかは、非常に重要な判断といえます。

また、照明には標準仕様に含まれるものと、別途オプションになるものがあります。パターンとしては、標準個数が決まっており、それ以上はオプションとなる場合が多いです。しかし、すべてがオプションというケースもあります。

いずれにしても、不足することがないように、しっかりと配置計画を立てるべきです。

オプション品を買うか自分で用意するか

注文住宅の照明には、標準とオプションがあると説明しましたが、これは照明器具そのものにもいえることです。配線計画がバッチリできたら、今度は照明器具をどうするかを考えましょう。

オプションの分も一緒に業者に頼むのか、それとも自分で用意するのか。これによって、費用に差が付くことも十分に考えられます。オプション器具でもリーズナブルな価格であればよいですが、結構な金額になりそうなら、自分で好きな照明器具を買ってくるという手もあります。

ちなみに、オプション器具が安かったので付けてもらったが、どうにも気に入らないというケースがあります。そのような場合には、自分で取り替えることができるケースもあります。とくに、シーリングライトの場合、引っ掛け部分の規格が適合すれば、取り付けそのものは素人でも比較的簡単にできます。ただし、高い所の作業になるので、転落事故などには注意が必要です。

注文住宅の照明の相場をチェック

注文住宅の照明の費用は、設置する照明器具によって大きく幅があります。ダウンライトや間接照明などを採用するのか、シーリングライトだけにするのかといった違いでも変わります。

注文住宅の照明の費用例

物件ごとに大きく変わるのが注文住宅の費用の内訳ですが、目安となる例を見てみましょう。30坪前半くらいの物件で、標準的な照明器具の代金と設置工事を合わせて30万円程度なら、とくに高いとはいえないようです。

通販で格安の照明器具を買う

アマゾンなどを見てみると、6畳用の調光リモコン付きシーリングライトが数千円から売られています。メーカー品でも1万円しないものもあります。もちろん、値段なりの見た目ですが、実際にこうした商品を買って使っている方は少なくありません。こうした通販を利用すれば、かなり安くそろえることは可能です。ただ、新築の注文住宅に設置するなら、もう少し高級なものが望ましいという考えもあります。

総評・照明の費用について

注文住宅の照明は、生活への影響を考えると、あまり削るわけにはいきません。とはいえ、数が増えれば費用も増えてしまいます。コストダウンを図るポイントとしては、配線工事や設置が簡単なタイプの照明にすることと、照明器具を低価格のものにすることです。

とはいえ、せっかくの注文住宅の中身を費用だけで考えてしまうと、完成してから後悔するおそれがあります。どこまでなら妥協できるか、何を優先するかをしっかりと検討しておくことで、選ぶべきものと、必要な費用が見えてくるでしょう。