19

注文住宅を建てるときにかかる費用はどんなものがあるの?

実際に注文住宅を建てながら決めた
ハウスメーカー・工務店・設計事務所ランキング

注文住宅の建築にはどんな費用がかかるの?

注文住宅で家を建てようと思った時に、「予算は〇〇〇〇万円くらい…」とざっくりとした上限となる金額を決めている方が多いです。もちろん予算の上限ははっきりと決めておくべきですが、注文住宅を建てる上でかかる費用の内訳を理解しておくことが重要です。

どの工程でどれくらいお金がかかるか把握しておくことで、「知らないで失敗」して、予算がオーバーしたり、無理な住宅ローンを組んだりしてしまうことを防げます。実際に注文住宅の建築にどんな費用がかかるのかご紹介します。

家づくりにかかる「総費用」は3種類に分けられる

注文住宅で家を建てる場合、家の建物価格以外のところでも費用が発生します。全体でかかる費用のことを「総費用」と呼びますが、主に3種類の費用に分けることができます。

家の建築そのものにかかる「本体工事費用」

一つ目の費用は「本体工事費用」です。これは文字通り建物本体にかかる費用のことを指します。本体工事費用の中には、以下のような費用が含まれています。

  • 基礎工事費用…建物の根本を支える基礎にかかる費用
  • 木工事費用…建物本体の構造体や造作物の加工・取り付けにかかる費用
  • 設備工事費用…空調やお風呂、キッチンといった建物内の設備工事にかかる費用
  • 電気水道工事費用…水道管の配管や、照明配線、コンセントの取り付けにかかる費用

本体工事費用は、建物本体にかかる費用であるため、庭や駐車場などの外構工事などにかかる費用は含まれていません。そして、広告などで目にするハウスメーカーの「2,000万円の家」や「40万円/坪の家」というのは、この本体工事費用のみを指していることが多いです。

一般的に本体工事費用は、注文住宅の建築費用の75%~80%程が相場となります。たとえば、予算上限が2,000万円で、「2,000万円の家だから予算内で建てられる」と思って話を進めてしまうと、総費用は2,000÷0.75=2,666万円くらいが相場となり、予算を大幅に超えてしまうことがわかります。そのため、広告の値段だけでは家は建てられないということを覚えておきましょう。

土地によって大きく金額が変わる「別途工事費用」

「別途工事費用」とは、建物以外にかかる工事・設備費用のことです。一般的な相場は、総費用の15%~20%です。別途工事費用には以下のものなどが含まれています。

  • 地盤調査費用…土地の地盤が住居を建てられる状態か調査するための費用
  • 地盤改良工事費用…地盤を住居が建てられる状態に改善させるための費用
  • 外構工事…庭や駐車場の造設にかかる費用
  • 引き込み工事費用…水道管やガス管を土地まで引き込むのにかかる費用

別途工事費用は、土地によって大きく変わってくるため注意が必要です。

たとえば、地盤が弱い土地に家を建てようと思うと、地盤改良工事が必要になります。地盤改良工事の相場は50万円~300万円と、地盤の強弱と建築予定の家の大きさなどでかかる費用が大きく変わってきます。

また、山地の土地や、道路から離れている土地に家を建てる場合、ガス管や水道管の引き込み工事にかかる費用も高くなります。別途工事にどれくらい費用がかかるのか、あらかじめ確認する必要があります。本体工事費用と別途工事費用を合わせて「建築工事費」と呼ばれます。

現金で用意する必要のある「諸費用」

注文住宅で家を建てる場合に必要になる3つ目の費用が「諸費用」です。諸費用は住宅の取得前後で現金で支払う必要があり、建築工事費の5~10%が相場です。

一部住宅ローンの中には諸費用まで含めて借り入れが可能なプランもありますが、基本的には全額ローンで購入予定でも、諸費用は一括で現金支払いが求められるため注意が必要です。諸費用には以下のようなものがあります。

  • 登記手数料…登記簿に所有者を記載して所有権を得るための手数料
  • 仲介手数料…仲介業者が入って注文住宅を建てた場合の手数料
  • 消費税…8%の消費税(2018年3月現在)
  • 印紙税…売買契約書などを作成するための印紙代
  • 家具購入費…新しい住宅に必要な家具家電の購入費用

注文住宅でかかる実際の費用を把握することが大切

注文住宅を購入するにあたって、実際に総費用に含まれる本体工事費用・別途工事費用・諸費用についてご紹介しました。

目安となるのは…

  • 本体工事費用…総費用の75%~80%
  • 別途工事費用…総費用の15~20%
  • 諸費用…建築工事費の5~10%

です。

たとえば、総費用の上限が2,500万円の場合、1,875万円~2,000万円くらいが家本体にかけられる費用になります。この金額を超えてしまうと予算オーバーとなる可能性が高いです。

このように具体的に注文住宅にかかる費用を把握しておくことで、「知らないで失敗してしまった」というトラブルを避けることができます。