1LDK

注文住宅において1LDKの間取りを選ぶ世帯は、極めて少数派です。ただし、1LDKには、他の間取りにはない様々なメリットがあることも事実。夫婦二人暮らしならば、1LDKでも特に問題なく生活をしていくことができるでしょう。ここでは、1LDKの注文住宅のメリットやデメリット、1LDKの住宅を検討するうえでのポイントや注意点、1LDKの注文住宅を建てた方の体験談などをご紹介します。

1LDKの特徴

1LDKとは、リビング・ダイニング・キッチンが合体した8帖以上の空間と、加えて1つの居室を持つ間取りのこと。リビングとは「居間」、ダイニングとは「食堂」、キッチンとは「台所」を指します。なお、リビング・ダイニング・キッチンが事実上合体していたとしても、その空間が8帖未満の場合には、LDKではなくDKと呼びます。

1LDKの間取りにおいては、LDK部分を食事やくつろぎの空間とし、もう一つの居室を寝室とする形式が一般的。夫婦二人暮らしの場合、実用的には1LDKでも無理なく生活をすることができます。

1LDKのメリットとデメリット

注文住宅の大半は3LDK以上ですが、単身世帯にとってみれば、2LDKや3LDKの間取りが、かえって不便になることもあります。その観点から、あえて1LDKの注文住宅を建てる人もいるようです。1LDKは狭いという印象もありますが、LDKの広さを十分に確保すれば、生活するうえで決して狭い空間でもありません。

1LDKの注文住宅のメリットとデメリットを見てみましょう。

1LDKのメリット

一人暮らしには最適な間取り
一人暮らしの世帯にとっては、LDKと寝室があれば、あとは特に部屋は不要です。よって、1LDKはとても空間となるでしょう。一人暮らし世帯にとって、2LDKや3LDKは必要なく、むしろ掃除の手間が増えるなど生活が不便になる可能性があります。
生活導線が楽になる
1LDKの場合、調理、掃除、移動などの生活導線がとても楽になります。効率的な生活空間になり、ストレスがたまりません。
布団を敷くならば無垢の床素材を
ベッドではなく布団を敷きたい場合は、床を無垢材にします。新建材を使うと、布団の湿気等が原因で床にカビが生えてしまうことがあります。
建築費用が安めになる可能性がある
例外を除いて、1LDKの間取りで注文住宅を建てた場合、2LDKや3LDKの注文住宅に比べ、敷地面積や延床面積が狭くなります。その分、土地代や建築費用も安く済むでしょう。

1LDKのデメリット

家族が増えたときに不便
生涯一人暮らしを貫くつもりでも、何らかのきっかけで結婚にいたる可能性はあります。結婚すれば、子供が産まれる可能性もあります。子供が1人ならば、かろうじて1LDKでも暮らしていけると思いますが、子供が2人になると、1LDKでは様々な不便さを感じることでしょう。
来客を宿泊させる場所に困る
家族が増えなかったとしても、親族や友人、同僚など、一時的に来客が訪れて宿泊することがあるかも知れません。複数人の来客があった際、LDK以外に一部屋しかなければ、寝室の確保に困る可能性があります。

1LDKにこだわる上でのポイントや注意点

なるべくLDKを広めにする
たとえ一人暮らしであったとしても、1LDKの間取りに心理的な狭さを感じることがあるでしょう。寝室は狭くても不便ではないので、その分、できる限りLDKを広めに取ったほうが良いでしょう。
家族が増えることも想定する
実用的な面だけで言えば、夫婦二人暮らしまでならば、1LDKでも不足はありません。ただし、将来的に子供が産まれた場合、間違いなく部屋の数が不足します。リフォームで部屋を増やすことは可能ですが、多額の費用がかかることは避けられません。1LDKの注文住宅を検討する際には、将来のこともしっかりと見据えたうえで「本当に1LDKで良いかどうか」を、専門家の意見も参考にしつつ、よく考えてみましょう。
防犯対策をしっかりと行なう
一階をLDK、2階を寝室や浴室等を設ける構造であれば良いのですが、平屋で1LDKの場合は、生活空間がすべて一階部分になります。監視カメラやセンサーライトの設置、窓へのフィルムの設置など、十分な防犯対策を行なうことをお勧めします。

1LDKにこだわって家を建てた方の体験談

壁をなくして広々した1LDKに
子供たちを広々とした空間で伸びやかに育てたいという方針があり、あえて壁をなくして1LDKの注文住宅を建てました。二世帯住宅という事情もあったのですが、壁の代わりにスライドドアを設置したので、不便はありません。電気代が月1万円以下で済んでいます。